栄養解析のために必要なデータ~検査依頼書~




栄養解析に必要な検査データをそろえる

 

栄養解析に興味があり栄養解析を受けたいが、身近で栄養解析をしてくれる医師がいない、という方のために最寄りの診療所で採血してもらうための

検査依頼書を作成しました。

 

 

とりあえずデータさえあれば、見方を習えば自分である程度判断することもできるようになります。

項目を細かく指定して依頼すれば、どこの医療機関でも採血をしてくださると思います。

 

以前説明しましたが、意義がわかる先生であれば、ある程度保険で見てくださると思うのですが、

全く必要のない検査だと思われる先生も中にはいらっしゃるかもしれないです。

もしかしたら、「全部自己負担でいい?」と面倒くさそうに言われる先生もいらっしゃるかもしれないですね。

 

コツは、「漢方系」の先生の所に行くことです。

 

 

漢方には「血虚」「気虚」という考え方があり、食養生が基本です。

 

例えば、不安や憂うつ、つまり「気滞」を治す、「気を巡らせる」漢方のお薬に、

半夏暑朴湯(はんげ こうぼくとう)という薬があります。

・抑うつ気分・不安

・のどのつまり

・みぞおちのつかえ感

 

上記の症状がある方は、処方してもらってもいいかもしれないです。

 

・甘いものがやめられない

・過食

・不安、さみしい

 

などの症状がある方は

甘麦大棗湯(カンバク ダイソウトウ)という漢方を出してもらってもいいと思います。

 

 

漢方って、ちょっと面白いんですよね。

 

腸から立て直すというのが漢方の基本だったりもするので、

糖質を控える食生活にも、ほかの先生より理解があるのではないかと思いますよ。

 

栄養解析のための各項目検査依頼書のダウンロード

 

こちらからできます↓↓

各項目検査のご依頼

 

栄養解析の意義について、詳しく書いた別記事はこちらです。

栄養解析のために必要な採血データ

 

栄養解析+漢方による治療アプローチについて、大変詳しい先生とのジョイント勉強会を宮崎で企画しています。

データをお持ちくだされば、奥平先生が見方を教えてくださいます。

 

 

東京から宮崎に来られる機会は、ほとんどないので、チャンスだと思います。

投薬や診断を受ける前にまずは栄養解析。

栄養解析による治療アプローチの実際を学びたい方は、ぜひいらして勉強されてください。

 

お申し込みはこちらです↓↓ 画像クリックで詳細・お申し込みページに飛びます。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01hiu9ywuw1k.html

 

GAGAでした!

 



メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!

出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!