栄養解析のために必要な採血データ

栄養解析って?

 

今まで何度か聞いたことがあっても、特に気になりもしなかった「栄養解析」という言葉。

採血データを見て、「あ~ビタミンB6不足があるね」とか、「たんぱく質不足」とか、「亜鉛不足」とか、足りない栄養素がズバリわかる先生が世の中にいるのはわかっていました。

それがどうやら「オーソモレキュラー」という分野の専門知識で、採血データを見てのその判断は、代謝だったり、各栄養素群の働きだったり、相互関係の膨大な知識の集大成で単なる数値のみを見ているわけではないというのがすごいですね。

 

今起こっている身体的な症状や、精神的な症状がいわゆる「病気」ではなく、

「栄養素の過不足」

から来ている問題である可能性にまずはフォーカスを当てて、

「なるべく薬に頼らない」

食事治療アプローチの方法があります。

 

オーソモレキュラーと言ったら、「サプリ」というイメージが強かったのですが、サプリはあくまでも様々な解決方法の1つで、あくまで基本の食事を整えていくことが重要。

そこから派生した食事栄養療法というものに、今私はとっても興味を持っています。

 

すごくしっくり来たからです。

例えていうなら、糖質制限食のもっと論理的・バージョンアップ版のような感じです

(あくまでも、私のイメージです)

 

食事療法が、薬物治療よりも効果があるというのは、どの内科医も100%知っていることなんですよ。

でも、食事療法をしっかりできる人が現実的に少ないから、思うように治療効果があげられずに

みんな薬物療法に頼らざるを得ないわけで。

 

私も長年内科で働きながら、それが普通で、それが医学というもので。

仕方のないことなんだとずっと思っていました。

 

血液データが読めれば医療は変わる

 

注意深く読み取れば、

採血データから、実はいろんな栄養素群の不足、アンバランスを読み取ることができます。

 

目に見えている問題は、氷山の1角なのかもしれません。

見えている問題、起こっている問題の影響因子は何なのか

栄養学的な影響因子はこんなにあります。

 

1.鉄欠乏

2.ビタミンB群不足

3.ナイアシンの欠乏

4.血糖調整障害

5.ビタミンD不足

6.リーキーガット

7.副腎疲労

8.甲状腺

9.重金属

10.グルテン・カゼイン

11.微細な炎症

 

これを初めて聞いた時、私は全然わからなくて、

わからないのが悔しくって一生懸命自分なりに勉強しました。

 

勉強していくうち、これはお互いにとても関係していることがわかりました。

(多分腸管炎症の改善と腸内フローラ、ミトコンドリア活性化でまとめられるような気がします。)

 

影響因子を考察する

 

症状があったとしたら、その影響因子(原因)を注意深く観察することがまず先です。

原因もよくわからず対症的に薬を出していたら、薬はどんどん増えていき

良くならないとしても・・・やめたらさらに悪くなる気がしてずっと飲み続けることとなり、薬はさらに増えていきます。

そして今度はその薬の副作用でまた新たにそれが影響因子となり、症状が出てきます。

 

いたちごっこです。

 

人によって影響因子の種類や大きさは異なります。

中途半端な聞きかじり知識から、焦ってしまうとついいろいろやりたくなってしまいますが・・・

 

いっぱい手を出すと、どれが効いたかわからなくなります。

使えるお金も時間も限られていますので、原因を考えながら優先順位をつけてやっていく必要があります。

 

そこで一番の近道となるのが血液検査です!

 

 

血液検査は必要最低限の治療に絞って方向性を見出していくための近道です。

1つ1つ確認作業をしていきながら、評価して、食事を改善し、体質改善を目指します。

 

栄養解析するために必要なデータ

 

食事栄養倶楽部では、

希望者には栄養解析を個別でするので、採血データを持ってきてください、とよくお願いするのですが、

多くの方が持ってくる健診のデータは、情報量が足りません

 

なので、せっかくの機会でもあまり判断できないことも多く、少し残念です。

栄養解析をされるのであれば、できればこんな採血データが必要です

 

鉄分の不足について

・MCV ・MCH ・MCHC ・RBC ・Hb ・フェリチン ・TIBC ・CRP

たんぱく質不足に関して

・TP ・ALB ・γGTP ・BUN ・UA 

ビタミンB群不足に関して

・GOT ・GPT ・MCV ・LDH ・MCV 

脂質系

・TC ・HDL-C ・LDLーC ・LH比 ・TG ・ALP

甲状腺について

・TSH

血糖調整障害について

・1.5AG  ・GA 

 

せっかく栄養解析を受ける機会があるなら、事前にしっかり準備しておくと、より専門的なアドバイスが受けられますよ。

私も少しはわかるようになってきました。

もっと勉強できる機会があるといいなと思います。

 

 

ということで、地元宮崎で、勉強会を企画します!!

 

宮崎で栄養解析をしてくださる先生はとっても少ないので、栄養解析を自分でも少しできるようになるようになってほしいのです。

そんなに難しくはないので、基礎的な考え方は講座を聞けばマスターできると思います!!

私もフォローします!

~内容~

奥平先生の講演 90分

Mrs.GAGAの講演 30分

個別アドバイス30分(代表で数名の方)

質疑応答10分

 

こちらもやります↓  たぶん、でももう満席だと思います。あっという間に埋まりました

 

奥平先生は、実際に臨床で本当に数多くの「栄養解析から入る」治療をされている先生です。

初めて聞いた時は、知識量と経験量の豊富さに驚いてしまい、おもわず奥平先生に盗聴器を仕込みたくなりました。

ぜひ、私と一緒に奥平先生からいろんなものを盗みましょう!!!!!!!

 

申し込みフォームは、今準備中です。

 

とりあえ採血して、ご準備ください!  GAGAでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

がんと食事@福岡勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級