ぶどう糖くんの二つのお願い




ぼく、ぶどう糖。
16020301
僕は、君が食べたごはんやパン、うどんとかからできる、エネルギーのもとなんだ。

僕は、君の『血』の中にいるんだよ
16020302

 

君が、ごはんやパン、うどんなどを食べたら、
僕は沢山増えるよ。
でもね、あんまり増えすぎちゃったら、血管を傷つけちゃうんだって。
16020303

 

だから、増えすぎちゃった時は、
血管を傷つけないように、
『インスリン』くんが力を貸してくれるんだ。
インスリンくんは、僕を『しぼう』という、
もう一つのエネルギーのもとに変えてくれるんだよ
16020304

 

しぼうくんは、とっても力もちなの。
僕よりもっと、長持ちなんだよ。
しぼうくんは、かんぞうなどの、
体の臓器のなかで、エネルギーとして使われるのを
待ってるんだ。
16020305

 

しぼうくんは、とっても力もちだから、
本当はエネルギーとして使われたくて、
うずうずしてると思うんだけど。
君がごはんをたべて、
僕が身体の中にたくさんある間は
しぼうくんは僕にいつも出番をゆずってくれるんだ。
優しいんだよ。
だから、僕としては、
しぼうくんがもっと活躍できるような、
機会があればいいなあ…といつも思ってるんだけど…
なかなか、その機会がつくれないんだ。
その理由はね
僕は、インスリンくんの力を借りないと、
自分で自分の仲間が増えるのを、
抑えられなくて。
君が、僕がつくられる食べ物を
沢山食べたら…
ぼくは増えすぎちゃって、またインスリンくんの力で、しぼうになっちゃうんだ…
16020306

 

今あるしぼうくんに、活躍してもらえる前に、
新しいしぼうくんがまた増えてしまうというわけ。
そして、君が、僕が作られる食べ物を
何回も食べたりしたら…
その都度、僕がエネルギーとして
先に使われてしまうから。
やっぱり、今あるしぼうくんに出番を作ってあげることができないんだ。
かわいそうに、しぼうくん。
なかなか試合に出れない野球部員のように。
ずっと、出番を待ってる仲間が沢山いて。
16020307

 

僕なんかよりずっと、エネルギーとして才能あるのに、いっつも、なかなか出番がこなくて…
本当に、悪いなあって思うんだ。
そこで、君に少し力を借りたいんだ。
君に、力を借りたいことは、二つあるんだよ。
一つは、ぼくがあんまり増えすぎちゃわないように、ぼくが沢山できる食べ物を、
必要以上にたべないで欲しいんだ。
16020308

 

 

もう一つは、ぼく、長くても3時間しかエネルギーとして持たないから、
食事したあとはしばらく、
ものを食べたり飲んだりしないで、
しぼうくんが活躍できる時間を作ってくれないかな
あと、はしぼうくんがぼくに遠慮せず、
エネルギーとして活躍できる時間だから、
夜はなるべく、ぼくが出来やすい食べものを
食べるのを控えて、
早く寝てくれたら、とてもいいんだけど。
16020309
しぼうくんは、優しくて引っ込みじあんなばっかりに
エネルギー源として素晴らしい能力を持っていることをあんまりみんなに知られてなくて…
作られるエネルギーの数も、
長持ちの力も、しぼうくんには全然かなわない
んだけど…
悪者扱いされちゃっていて、
本当にかわいそうだと思うんだ。
だから、君に、力を貸してもらいたいんだ。
しぼうくんが活躍できる機会を沢山作ってほしいんだ。
しぼうくんの、凄い凄い力を、
沢山見てもらえたらさ、きっと君も。
しぼうくんが僕より、エネルギー源として、
優秀なことが、わかってくれると思うよ。
君の力を、借りたいんだ。
16020310
それが、君の為でもあるんだ!!
君が、もっと、かっこよくなってより幸せな人生が送れるように。
ぼくも、しぼうくんも、
凄く応援してるんだよ。
ぼくからの二つのお願い。
君が力を貸してくれることを、心から祈るよ。

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!

出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!