インスリンの働きとインスリン抵抗性について

インスリンの働きインスリン抵抗性について、もう一度復習してみましょう。

インスリンの主な働きは細胞にブドウ糖を取り入れることです。

取り込まれたブドウ糖は小腸で吸収され、まず肝臓に運ばれて肝臓でグリコーゲンとして取り込まれます。

この時、インスリン作用が必ず必要になります。

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。看護師。 糖質制限に出会いその効果を実感し、糖質制限にどっぷりはまる。 その魅力をかみ砕いて、よりわかりやすく、多くの方に伝えることに使命感を感じ、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。テンポよく、楽しく読める記事に「おもしろい」「わかりやすい」「ためになる」と好評。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■主な講演テーマ  糖質制限初級編  糖質制限中級編  一日集中熱血講座