検査カフェをご紹介~気軽に採血内容をオーダーメイド~

熊本大学医学部に行ってきました

熊本に行く機会があり、ついでに時間が少しあったので、「ケトン食」による脳腫瘍の治療の取り組んでいる熊本大学医学部付属病院に病院見学に行ってきました!

そこで、とっても素敵なカフェを見つけたので、ご紹介しますね。

その名も「検査カフェ」というものです。

検査カフェ?

カフェ内で検査をしてくれるのかと思ったんですが、採血するところと飲食するところは別でないといけない決まりがあるのでコーヒーが飲めるスペースを想像していくと少しがっかりするかもしれません。

「カフェのように、気軽に血液検査ができる」という意味なのだと思います。

入り口で目を引くのは食堂のような「券売機」ですね。
お金を入れて、ボタンを押すと自分がしたい検査の「券」が買えます。

券売機で、したい検査が選べる

①「健康が気になる方」向け ¥2,300

・TP ・ALB ・BUN ・クレアチニン ・尿酸 ・GOT ・GPT ・LD
・T-Bil ・D-Bil ・γGTP ・HDL-C ・LDL‐C ・中性脂肪 ・血糖値
・ヘモグロビンA1c ・CRP ・血算(白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板)

②「血糖値が気になる方」向け ¥800

・ヘモグロビンA1c ・血糖値

③「コレステロールが気になる方」向け ¥600

・HDL-C ・LDL-C ・中性脂肪

④「腎臓の状態が気になる方」向け ¥900

尿定性 ・BUN ・CRE ・Na ・K ・CL

⑤「痛風が気になる方」向け ¥500

・BUN ・CRE ・尿酸

⑥「貧血が気になる方」向け ¥1,740

・血算 ・血清鉄 ・TIBC ・フェリチン

⑦「お酒の飲みすぎが気になる方」向け ¥1,100

・AMY ・CHA ・GOT ・GPT ・γGTP

⑧「杉花粉が気になる方」向け ¥1,300

・IgE

⑨「よく発熱する方」向け ¥1,000

SAA ・血算 ・CRP

⑩「前立腺が気になる方」向け ¥1,600

・PSA

⑪「肝障害が気になる方」向け ¥4,100

・HBs-抗原 ・HBc抗体 ・HCV抗体 ・GOT ・GPT ・T-Bil ・γGTP ・血算

⑫「甲状腺の状態が気になる方」向け ¥4,200

⑬「更年期障害が気になる方」向け ¥3,400

⑭「心臓が気になる方」向け ¥3,000

BNP ・心電図

⑮「生活習慣病が気になる方」向け ¥1,700

・HDL-C ・LDL-C ・血糖値 ・中性脂肪 ・ヘモグロビンA1c ・尿酸

⑯「骨粗しょう症が気になる方」向け ¥2,000

⑰「血液型が知りたい方」向け ¥600

・ABO血液型 ・Rh血液型

⑱「筋肉痛が気になる方」向け ¥2,800

・CK ・ミオグロビン ・SAA ・CRP ・血算

⑲「麻疹が気になる方」向け ¥2,500

・麻疹ウイルス抗体

⑳「風疹が気になる方」向け ¥2,500

・風疹ウイルス抗体

㉑「水痘が気になる方」向け ¥2,500

・水痘ウイルス抗体

㉒「おたふくかぜが気になる方」向け ¥2,500

・ムンプスウイルス抗体

㉓「脳梗塞が気になる方」向け ¥8,000

㉔「脳梗塞・心筋梗塞が気になる方」向け  ¥10,100

㉕「がんが気になる方」向け ¥21,800

男性:胃がん、肺がん、大腸がん、前立線がん、すい臓がん

女性:胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、すい臓がん)

㉖「将来の糖尿病と動脈硬化が気になる方」向け ¥3,000

【オプション】

①鉄  ¥200

TIBC ¥200

③亜鉛 ¥1,600

④心電図 ¥1,500

↑ 自宅で・自分でできる簡易検査キットもあります

とってもいいと思う点

保険証なしで、自分のしたい検査を気軽にできるという点ではこのシステムは画期的ですね!

なかなか、「この検査がしたいんです」といっても、「基準内だから必要ない」と言われてしまったり
いやそうな顔をされてしまったり。こういう検査してほしい、というのはなかなか自分からは言いにくいものです。

例えば「貯蔵鉄」の経過が気になる方はたくさんいると思うのですが、なかなか測定してもらう機会がなかったり、ハードルが高いと感じている人の場合、

⑥「貧血が気になる方」向け ¥1,740

・血算 ・血清鉄 ・TIBC ・フェリチン

を選べば、¥1,740でノン・ストレスに確認することができます。

①「健康が気になる方」向け ¥2,300

・TP ・ALB ・BUN ・クレアチニン ・尿酸 ・GOT ・GPT ・LD
・T-Bil ・D-Bil ・γGTP ・HDL-C ・LDL‐C ・中性脂肪 ・血糖値
・ヘモグロビンA1c ・CRP ・血算(白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板)

の内容も充実しています。一般的には、十分な内容です。

「栄養解析」を受けたいという方の場合、

①「健康が気になる方」向け ¥2,300

・TP ・ALB ・BUN ・クレアチニン ・尿酸 ・GOT ・GPT ・LD
・T-Bil ・D-Bil ・γGTP ・HDL-C ・LDL‐C ・中性脂肪 ・血糖値
・ヘモグロビンA1c ・CRP ・血算(白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板)

に加えて、オプションで

・鉄  ¥200
・TIBC ¥200

の2つを組み合わせたら、十分だと思います。併せて、¥2,700円です。いいですね!

食事を見直そう!第二回減薬セミナーin宮崎 
栄養解析と、食事栄養療法による減薬アプローチを学ぶ勉強会 7月22日15時より~
※参加申し込みもうすぐ締め切り

また、「気軽に」「見たいところを見れる」というのも、とてもいいですね。例えば、糖尿病を放置してしまっている方が、ふと通りかかり、「ずっと見てないから、ちょっと検査してみようかなぁ」という状況もあるかもしれません。

糖尿病の放置は大きな問題で、いかに早くこれをキャッチできるかで将来の合併症のリスクに大きくかかわり、医療費の増加も抑えられると思います。

↑ ヘモグロビンA1cを指先からの少量採血で測れるシステムを県内に点在する調剤薬局を拠点に広げていき、糖尿病の早期発見、重症化予防をしよう!という取り組みについて書いた本「糖尿病診断アクセス革命」

検査データの見方について

外来に、「血液検査結果の見方」というのも置いてありました。これを見ながら、確認することができますね。

これはこれでいいのですが、栄養学的な解釈をする場合の読み方は変わってきますね。

栄養学的な血液データの解釈については、友人の鈴木かなさんの「栄養ノート」で詳しく書いてあります。

kanaの栄養ノート【栄養療法】通常血液検査でもわかる栄養状態

【おまけ】向学心の強い方に

より積極的な「健康」を目指す方は、ぜひ、「基準値」より「目標値」を目指してみてください!

目標値、書いておきます。データ探してきて、見比べてみてください!

TP:7.0以上を目指す!

ALB:4.5以上を目指す!

GOT:GPT どちらも20以上で、その差が5以内なことを目指す!

LD:200以上を目指す!

総コレステロール:180~200以上を目指す!

中性脂肪:50以上100以下を目指す!

BUN:20以上を目指す!

尿酸:5以上7以下を目指す!

MCV:95以上を目指す!

MCH:32%以上を目指す!

フェリチン:段階に合わせて80以上、できたら100を目指す

 

GAGAでした!

 

 







メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!

出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!