No.0001【糖質とは】2016/04/17

春から糖質制限を始める皆さま、はじめまして、Mrs.GAGAです。

これから、皆さまがハッピーな糖質オフ生活が送れていけるよう、
皆さまと一緒に、私もチャレンジしていきたいと思います、よろしくお願いします(*^^*)
疑問や不安でいっぱいの方も多いと思います。
少しずつ知識をつけていって、
自信をもって、糖質オフを続けていけるよう、
お手伝いしますので、

楽しくやっていきましょう!

糖質と上手くお付き合いする、
そして、健康で長生きする為に
知っていただきたい知識を、少しずつ、一緒に勉強していきましょうね(*^^*)
第一回のGAGA講座は、
【糖質とは】です。

これは、
今から糖質制限をしていく中で、
何度も他の方に聞かれちゃう、という経験をされると思います。

わかっているつもりでも、
改めて聞かれると、上手く説明できなかったりするものなので、
一回はちゃんと考えたほうがよいのかな、と思い、
取り上げてみました(*^^*)

経験者の方も、
自分が説明するとしたら、どう言うか、
考えながら参考にしていただけたら嬉しいです!

長くなるので、
このテーマは、二回に分けて、お届けします?

上手く伝えられますように!

【糖質を下に見る思想はやめよう】

糖質を、人類の敵のように表現される方が時々いらっしゃいますが、私はそうは思っていません。

『人類がみな、糖質制限をして肉や魚を食べるようになったら、あっというまに食料不足になり、全人類を養うことはできません』

江部先生がそう言われているように、

糖質を食べる人もいないと、バランスがおかしくなりますし、

糖質を沢山食べても最後まで元気で、長生きする方もいらっしゃいます。

日本に農耕文化が入ってきて、
稲作が全国に広がるようになった弥生時代。

簡単に悪くならず、備蓄できるお米は本当に重宝され、実際、沢山の方を飢えから救ってくれました。

また、いろんな形に加工でき、
摂取したら、満足感、幸福感をもたらす糖質。

今まで散々お世話になってきたものを、
急に悪者にするのは、自分の為にもあまり賛成できないな、と思います。

糖質は、必ずしも人類の敵、悪者ではありません。

これから先、敵を作ってもどうしようもないので、
ソフトなスタンスをもつことも大事なのかな、と
私は感じています。

皆さんはどうでしょうか?

【糖質は、必要?不必要?】

糖質は、身体にぜったいに必要なものだから、
摂らないといけない!

そういう意見を主張される専門家の人の意見を聞いたことがある、
または子供の時からの教育で、そう思っていた方は少なくないと思います。

しかし、糖質をエネルギー源だと考える前に、栄養素として捉えてみた場合、こんな事実があるんですよ。

糖質は必ずしも、人が食事から取らないといけない『必須栄養素』の中には入っていない

このことは、医療関係者でも知っている方はあまりいないのですが…

必須栄養素という言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明したら、

糖質は身体のなかで、合成することができる栄養素であり、
糖質が全く摂取できない環境に突然追い込まれたとしても、それにより命を落とすことはない、栄養素なんですね。

一方、たんぱく質や脂質は、
全く摂取できない環境に追い込まれた場合、
確実に命に影響してきます。

人類の体は、食事からたんぱく質、脂質を補給しなければ、血や肉、骨をつくることが出来ないからです。

自分の身体では合成できないか、出来ても極少量で足りない為、人が食事から摂取しないといけない、『必須栄養素』に分類されるのは、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

の4つだけです。

ですから、必要か、必要でないか、
という問いに関しては、

必要でない、という答えの方が適切であるということが、言えると思います。

【エネルギーとしての、糖質】

エネルギー源として糖質を考えてみましょう。

糖質は、素早くエネルギーとなり、
だれでもエネルギー源として利用できます。

しかし、脂質から生まれるエネルギーのように、長持ちするエネルギーではないというのが残念な点です。

二、三時間で、摂取した糖質エネルギーは消えてなくなってしまいます。

その点を比較すると、
脂質エネルギーは、一番速く燃焼すると言われるココナッツオイルでも燃焼するのに10時間かかりますから、非常に長持ちするエネルギー源だということができると思います。

長持ちエネルギーと、素早く作れるエネルギー。

本来、この両方のエネルギーを
上手に、バランスよく使える身体であるほうがよいのだと思いますが、

現代人は頻回かつ、過剰な糖質摂取により
糖質エネルギーばかり利用していて、
脂質エネルギーを上手に活用できている方は少ないのが現状だと思います。

過剰に摂りすぎた糖質が
血中や細胞に、脂肪として蓄えられますから、
肥満が増え続け、減らないのですね。

脂質エネルギーも上手に利用していくには、

不必要な間食を避け、
糖質の摂取量、頻度ともに、
控えめにすることがとても重要です。

同時に、なんでもかんでも脂肪を控えるのではなく、
上質な脂肪を知り、自分にとっての適量をとることも重要です。

脂肪の適量は、得たい効果や目的により、人により差がありますから、

たんぱく質のように、一概に必要摂取量はこの位!とは決めることができない、という一面があるのも理解していただきたいな、と思います。

糖質を摂る人では当然少なく、
糖質を摂らない人では、
そのレベルに合わせて多く摂取する必要があります。

お疲れ様でした!
今日は、【糖質とは?前編】をお届けしました

明日は【糖質とは?後編】をお届けします。
頑張って読んでくださいませ(*^^*)
それでは、また次回!
よろしくお願いしますね?(*^^*)

がんと食事@東京勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級