No.0003アンチエイジングと糖質過剰2016/04/21

アンチエイジングと糖質過剰

誰の目にも見た目にはっきりと出る老化のサイン。
一番はやっぱり、「白髪」だと思います。

若い時から私も白髪が多いのが悩みでした。

遺伝?ストレス?

もやもやしていましたが、糖質過剰による体への悪影響について関心を持ち出して、自分が白髪が若い時から多かったことに今更ながら合点がいっています。

糖化と酸化が老化につながることは少しずつ知られてきていると思うのですが、白髪の成り立ちから、糖化と酸化→老化、という流れをもう一度おさらいしてみようかなと思います。

【DNAの損傷】

白髪のメカニズムはよくわからなかったそうですが、東京医科歯科大学難治疾患研究所、
西村栄美教授らの研究グループが2002年以降、毛髪に関する研究結果を発表されています。
興味深い発表が2009年にありました。

色素幹細胞。
日本人には、黒髪のもとになる色素幹細胞というのが毛嚢(もうのう)の中にあるのだそうです。

この色素幹細胞が、文中では「ゲノム損傷ストレス」と表現されていましたが、

DNAレベルで損傷(傷)を受けて、

分化成熟し「自己複製」しないため、
幹細胞が枯渇し白髪になる

という発表です。

DNAの損傷。コピーミス。

どっかで聞いた話ですね?…

以前記事に書いたと思うのですが、「がん」の成り立ちと、同じですね。

そう「活性酸素」!

酸化ストレスが引き起こす、DNAの損傷が、白髪のメカニズムにも、やっぱり関係しているんですよね…

酸化ストレスの最大の原因は「糖質過剰」と「喫煙」です。

非常に思い当たる節があります。
小さい頃からわたしは異常なくらい白米が好きで、
白米だけ食べていれば幸せ、他には何もいらない子供でした。

糖質の過剰は食後高血糖につながり、

食後の高血糖が、酸化ストレスを増大させ、
細胞レベルでも核のDNAを傷つけてしまっていたのでしょう。

それが、白髪が若い時から人より多かった理由の一つであることは間違い無いのではと確信しています。

【酵素の失活】

もう一つの原因は酵素の失活です。

チロシンというアミノ酸があります。

黒髪を作るもとになるのがチロシン。
たらこやちりめんじゃこなどに多いと言われています。

大嫌いでした。

もともと、チロシンが足りないのに、

チロシンを、チロシナーゼという酵素に変える働きをするのに「必須」な

「銅」(必須ミネラル)も足りない。

銅はお肉のレバーやイカ、いくら、すじこなどに多いと言われています。

こちらも大嫌いでした。

その上、
せっかく、なけなしの銅ミネラルが、
なけなしのチロシン(アミノ酸)から頑張ってチロシナーゼ(酵素)を作ってくれたとしても、

作ったそばから「高血糖」で、たんぱく質が「劣化、変性」してしまって、

酵素の働きが「失活」してしまって
まともな働き(この場合、黒髪を作ること)ができない。

これではメラニンがつくられず、白髪になるわけです…

【ビタミンB群の不足】

ビタミンB群の不足。

こちらも深刻だったと思います。

糖質ばかり入ってくるので、体はそれをエネルギー化するために、大量のビタミンB群を消費します。

群と表現したのは、ビタミンBは、チームで働くので、

ビタミンB1がぐっと不足してしまうと他のビタミンB6、ビタミンB12なども働きが悪くなります。

とどめですが、白髪に大きく関わるビタミン、ビタミン12は、

貝類や魚、レバーに多いと言われています。

自慢じゃ無いけど大嫌いでした。

…これで、体に異常が起きてこないわけは無いと、今では深く後悔してしまいます。

どうして糖質制限をすると、「アンチエイジング」につながるのか。

これは、「偶然得られた結果」ではなく、
生理学的に、説明できることなんですね。

整理します。

  • たんぱく質不足
  • ミネラル不足
  • ビタミン不足
  • 糖質過剰

栄養素の過剰と不足は、老化につながる

白髪やシワなどの「老化」を避けたい。
アンチアイジングに取り組みたい。

糖尿病や肥満でなくても、
すべての方、とくに女性が、
糖質制限を意識した方が良い理由はそこにあります。

今日は、難しかったなぁ。
でも、関心の高いテーマだと思います。

エステサロンを経営していたり、
ヘアケア商品、
化粧品を売っていたりする方は絶対知っていた方が良い知識だと思いますよ。

GAGAでした!

がんと食事@東京勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級