No.0004糖質制限と、メンタルヘルス2016/04/24

【糖質制限と、メンタルヘルス】

糖質制限は「うつ病」にも効くらしい。

初めてこう聞いた時はちょっとびっくりしました。

高血糖を改善したら、どうして「うつ病」が改善するのかよくわからなかったからです。

糖質をとることで

血糖値が急上昇して

インスリンが出る

そのことによる、

高血糖の反動としての低血糖

その影響による気分の落ち込み

うつ病

これはわりかしすぐ理解できたのですが、
イマイチそれだけじゃない気がしてですね。

先日、糖質制限とメンタルヘルスというテーマで、宮崎の糖化損塾で30分お話しさせてもらったのですが、その時にお話しできなかったことを今日は話しますね。

【インスリン抵抗性が原因だった?】

2015年5月にハーバード大の研究チームが発表した調査報告。
不安やうつになりやすいのは「脳のインスリン抵抗性」が原因だったというものです。

脳のインスリン抵抗性。なるほど、新しいですね。

細胞にはエネルギーが必要で、その一つであるブドウ糖を各細胞に取り込むには
「インスリン」というホルモンが必要です。

インスリン抵抗性を分かりやすく言うと、、、、

竹野内豊のいうことは喜んで聞くけど、

旦那さんの言うことはなかなか聞けない状態とでもいいますか(笑)

「細胞にブドウ糖を取り込め!」

「血糖値を下げろ!」

とインスリンが指令を出しても、細胞がいうことを聞いてくれない状態です。

誰だって、イケメンのいうこと、美女のいうことの方が喜んでいうことを聞きますよね(笑)

こき使われすぎて、インスリンを早急に大量生産せざるを得なくなった膵臓から出る間に合わせのインスリンが、
「質がいい」→イケメン のインスリンだと思いますか?

そういうことです(笑)

要するに、脳でもこの現象が起こるわけですね。

指令は出るけど、ブドウ糖の取り込みが悪い
すなわち脳にもインスリン抵抗性が生じると。

【脳にインスリン抵抗性が起こると神経伝達物質が不足するようになる】

米国の20万人以上を対象に調査した結果、
血糖コントロール不良群では不安やうつを起こしやすいという結果が導き出されました。

この結果を裏付けるために、研究チームはマウスを使って実験をしたそうです。

マウスの脳に、インスリン抵抗性を人為的に起こさせてストレスを与え、
同じ状況で普通のマウスとの行動特性を観察、比較しました。

〈脳にインスリン抵抗性を生じたマウス〉

○生後17ヵ月(ヒトの壮年期以降に相当する)位になると、行動障害を示すようになった。

○行動障害を示したマウスの脳を検査したところ、ミトコンドリアに異変が起きていた。

○脳の活動をコントロールする主要な神経伝達物質であるドーパミンを分解する酵素の生産量が増加し、分解ペースが速くなり、ドーパミンが長持ちしない、という特性があった。

何か気がつきましたか?

ミトコンドリア異常。

…高血糖による酸化ストレス…

ゾッとしますね。

この結果から、
脳にインスリン抵抗性が生じると神経伝達物質(ドーパミンが)が不足した状態になる、という結論は、理解できたでしょうか。

加齢とともにこの傾向は大きくなっていったとのことですので、
血糖値のコントロールは、精神衛生、メンタルヘルスを維持する上でも早いうちから重要なんだということが、よくわかりましたね

○ドーパミンは、やる気・動機づけ、集中力、生産性を上げる鍵となるものです。

○前もって計画をたてて、余計なことをする衝動に抵抗し、目標を達成を可能にします。

○わたしたちが目標を達成したときに、「やった?!」という高揚感を感じるようにします。

○競争心をもたせ、ビジネス、スポーツ、恋愛と言ったありとあらゆる面で追いかけるワクワク感を与えてくれます

○ドーパミンは、長期的な報酬を楽しみにすることで、疲労や空腹といった短期的な欲求を抑えて仕事を優先させることができるようにします。

○ヒト、動物の脳の中には、欲求がみたされたとき、あるいは満たされるとわかったときに「快感」を与える報酬系(reward system)がありますが、それにドーパミンは大きく関与しています

こんな大事なトーパミン。

糖化して酸化してしまったら本当に損ですね。

ついでに言うなら、ドーパミンの原料はタンパク質です!

肉や魚、卵など、必須アミノ酸をたくさん含む食事を主食とするのが糖質制限ですから。

ドーパミンができる原料はたくさんあるわけです。

う~ん。深い!

糖質制限でやる気と集中力と、
幸せ感アゲアゲですね!

GAGAでした!

がんと食事@東京勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級