No.0005糖質制限と便秘2016/04/26

【糖質制限と便秘】

 

糖質制限しだしてから、どうか、便秘が~…という方の声をよく聞きます。

普段からよくある、ちょっとした事なんですが、
糖質制限中だとこんなことでも、不安になります。

肉食の影響か…?

大腸癌になりやすいと聞いたが…。

そこでビビって、せっかくはじめた糖質制限をやめる方、いるんだろうなあ…。

大丈夫です。

論理的に思考してみましょう。

便秘には幾つか、ポイントがあります

【水分は足りてますか?】

 

糖質制限すると、体に余分な水を溜め込まないカラダになります。

水分をきちんと。特に夏は。
積極的に摂らないと、脱水になっちゃいますよ。

便秘→水分不足?は一番に考えないといけません。

糖質制限するからこそ、水分を十分に!
毎日、1.5リットルのペットボトルを飲みきる。

これ位意識しないと、『とってるつもり症候群』に陥ってしまいます。

血液ドロドロ…に過度に反応する方がいますが、
あれは脂質でドロドロ…というよりは、
水分不足でドロドロ…そういうパターンが多いんです。

飲みすぎ、くらい、お茶かお水を飲みましょう。

カフェインは利尿作用があるから、やっぱり水分はお茶かお水がよいですね。

まずはここから、チェック。
マグネシウム入りのミネラルウオーターとかは、特にオススメですよ。

【寝る前にラード入り白湯にチャレンジ】

 

ラードは融点が低いから、温めのお湯でもすぐにとけます。

寝る前にラード入り白湯を飲めば、翌朝、
スルッと、出しやすい便になります。

普段から糖質を控えていれば、寝る前ラードは別に怖くありません。

むしろ寝てる間に脂肪に刺激を与えて燃やしてね?くらいの、ポジティブな気持ちで飲むと効果が出やすいようです。

よい脂肪が固まってしぶとい体脂肪に刺激を与えてくれ、脂肪を柔らかくし、脂肪を燃えやすくするのですよ。

怖がらないで、レッツチャレンジ。

【腸内細菌について理解する】

 

よい便は、よい腸内細菌が作ります。

あなたの腸の中にいる、
腸内細菌のスタメン…どうでしょう。

自信ありますか?

腸内細菌の種類、数は育った環境によって人様々で、万華鏡のように違うみたいです。

腸内細菌は、あなたが共生している、
別人格の存在で、

あなたが糖を欲さなくても、
あなたの腸内細菌は欲しています。

あなたが食物繊維を欲さなくても、
あなたの腸内細菌は欲しています。

糖質制限をして、便秘になったというのは、
純粋に食べるものが変わって、あなたの腸内細菌が
環境の変化に戸惑い、パニックなのかも知れません。

糖質を沢山摂っていた方、急に糖質が入ってこなくなり、あなたの腸内細菌は特に混乱していることでしょう。

この場合は、辛抱強く、腸にもいい聞かせて、
もう期待しても糖質は入ってこないことを教えておげないといけません。

この場合は、やや時間がかかります。

人間の適応力は素晴らしいので、
そのうち腸内細菌も空気を読んで、糖質制限に目覚め少ない糖質でよい便を作ることを覚えるでしょう。
待ってあげましょう。

【食物繊維】

 

MECだと、食物繊維はあまり勧められないようですが、
私はそれは残念だと思います。

社会的にも、身体的にも。

野菜いらん。というと、ワガママな子供のように映り、意固地で偏屈イメージが増し、
周りに心配されてしまいます。

ただでさえ、変わっている目でみられるのに…

私は、食物繊維も腸内細菌のためにも、
適度に摂ってあげたほうがいいのでは、と思っています。

腸内細菌は寒天とか、喜ぶかもしれません。

ふすまパンもチアシードも喜ぶと思います。

カロリーも糖質も塩分も控えるように言われて、あなたはダイエットを続けることが出来ましたか?

糖質も食物繊維も取り上げられたら、私ならやる気がなくなり仕事したくなくなります。

これは私の意見なので、
ご自分の価値観と話し合ってみてください。

ポリシーと違う方、ごめんなさい。

【マグネシウム】

 

お薬を出してもらうなら…

酸化マグネシウム。

マグラックス、カマグなどの緩下剤を出してもらうとよいと思います。

最も副作用が少ない便秘薬で、確かに効果があります。

寝る前に飲むと完璧。

3日に1度は排便があるように調整したいですね

【まとめ】

 

なやんでいないで、論理的に思考する訓練を。
原因があるなら対処すればよいだけ。
雪だるま式に不安をむやみに大きくする前に、
まずは基本から点検してみてください。

ハッピーな糖質制限ライフ、応援してます!

GAGAでした!

がんと食事@福岡勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級