No.0008疲れと糖質2016/05/03




【疲れと糖質】

疲れた時に甘いものが食べたくなるんです…

どうしたらいいですか?
時々聞くこの質問。
そういう方多いんですよね~
と言葉を濁しますが、

頭の中でいつも思っていることがあります。

(GAGAの頭の中)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本当に疲れをどうにかしたいなら、
チョコレートより

クエン酸の方がよっぽど効くんだけど。
クエン酸のみます?

と飲ませようとすると、
大抵の方は尻込みするでしょうけどね。
…あなたは疲れているから、
甘いものが食べたくなるんではなくて、

甘いものを食べるために
理由が必要なだけなんですよ!

立派な糖質依存症です!

疲れてる時に、
つい薬物が注射したくなっちゃうんですよね~…

と言われたら、

どうします?

同じことです。

食べなきゃ治ります。

代わりにこちらをどうぞ!
お肉どーん!!

モウソウイジョウ。

[cc id=1822] ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
だいたいの人は本気で困っていて、

どうにかしたくて
こういう事を言うのではありません。

どんな答えが返ってくるか、

ちょっと試したいだけ。
『私はその答えを知っているけど、
それがあなたが欲しい答えかはわかりません』

とそっとナッツをおススメします。

本当は言いたいけれど、言えないこと。

人生って難しいシリーズでした!

□おまけ
他人と比較してものを考える習慣は、

致命的だ。

――B・ラッセル
●英・哲学者
「おそらく不幸の最も強力な原因の一つ」
であるねたみの感情について記した
『幸福論』6章より。

苦しいから逃げるのではない。
逃げるから苦しくなるのだ。
――W・ジェームズ
●米・心理学者

人が不可能だと思っているときは、
やりたくないと決めているときだ。
――スピノザ
●蘭・哲学者、神学者

困難だから、やろうとしないのではない。
やろうとしないから、困難なのだ。
――セネカ
●古代ローマ・哲学者、劇作家

不安は自由の眩暈だ
――キェルケゴール
●デンマーク・哲学者、神学者

「みんなが私を嫌っている」
「今回ダメだったから次もダメだ」
という思い込みは、
冷静に立証を試みれば消えていく。
「今回ダメだったから次もダメだ」
という思い込みは、
冷静に立証を試みれば消えていく。

敗北を避けるために、
時に人はみずから病気になる。
「病気でなければできたのに……」
そう言い訳して安全地帯に逃げ込み、
ラクをするのだ。
――A・アドラー
●オーストリア・心理学者

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!

出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!