No.0015糖質制限、ざ、わーるど2016/05/17




【世界の糖質制限の歴史】

 

スウェーデンでは、
糖質制限食は糖尿病や肥満の治療法として

 

『社会保険庁に公式に認められている』

 

ことを知っていますか?

 

凄いですよね、
患者の4人に1人が
糖質制限食を実践しているのだそうです。

 

でもスウェーデンの糖質制限食の普及も
初めから順調だったわけではないようです。

 

2004年に1人の医師が糖質制限食を推奨して、
患者に指導をはじめた当初は
やはりかなり異端視されました。

 

でも、糖尿病の権威の
クリスチャン バーネ教授が、
糖質制限食に関心を持ち、
糖質制限食の研究をされ、

 

『糖質制限は科学的な見解に基づいた、
実績の証明された療法である』
と調査報告をだすと、

 

2008年には社会保険庁は
糖質制限食を
公式に認める声明を出しています。

 

この対応の早さ、
素晴らしいですよね。

 

アメリカでも同じようなことが言えます。

 

1997年までは、
タンパク質、
脂質も血糖値に変わる、
という認識を
はっきりうちだしていたのに、

 

2001年に、
ギャノンらにより、
検証された実験結果、
タンパク質、脂質は
食後の血糖値上昇に
関与しないことが発表されると、

 

2004年には

 

『タンパク質、脂質は
血糖値を上昇させない、
糖質だけが血糖値を上昇させる』

 

と認識を大きく変えています。

 

そして2011年のイギリスに続いて、

 

2013年にはアメリカも遂に、

 

糖質制限食を
糖尿病や肥満の人が
選択できる治療法の一つとして、
公式に認めました。

 

世界はこんなに、

ここ15年で
目覚ましい変化を遂げているのに…

 

日本だけが1997年から
進化が止まっていて、

糖質制限食に対する認識は、
『長期的なエビデンスがない』
として、
慎重論を展開し続けています。

 

世界の医療は信頼度の高い
エビデンスの蓄積に基づき、
糖質制限食の評価を年々
上昇させているわけですが、

 

日本はこのような、
世界的に信頼度の高い医療論文、
研究結果より、

 

専門家の意見、
専門家のコンセンサスを重視
している傾向がありますよね。

 

ちなみに、
日本糖尿病学会が2010年に出した、

 

『科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン』

 

炭水化物カロリー比を
60パーセントにすることを
強く推奨していますが…

この科学的な根拠は、
エビデンスレベルE!

 

もはやエビデンスとはいえない、
コンセンサス程度のものです。

 

科学的な根拠は
どこに行ったんでしょう。

 

なま恥ずかしい。※

 

人種のるつぼ、
多彩な宗教をもつ
海外の諸外国に比べて、
閉鎖的、保守的な文化が
日本で育ってきた経過は
理解できますが、

変化を恐れ、
新しいものを取り入れることに
慎重な日本は

世界からすると、
かなり出遅れています。

 

長期的なエビデンスがないから
糖質制限は認められない、
というなら、

自らのエビデンスレベルを
もっと高め、

世界でも戦える
『科学的根拠』を
出して欲しいものです。

 

よっぽど、
都合の悪い人たちがいるんでしょう。

 

なま恥ずかしい。

 

そんなの、
いつまでも持ちませんよね。

外堀からどんどん崩され、
じわじわ弱るのを座して待つか。

潔く認識を改め、声明をだすか。

日本糖尿病学会もそろそろ、

考えてもらいたいものです!!

ほんとに。

 

今日は鼻息の荒い、GAGAでした!

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!

出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!