No.0023鉄不足では話にならないのはなぜか2016/06/05

【鉄不足では話にならない話】

以前このタイトルでブログを書いたことがあると思いますが、覚えてくれていますか?

そう、鉄不足では話にならないのです。

ここでちょっと考えてみてください。

なぜ?…?

その場ではわかったつもりになっても、人間の記憶なんて大してあてにならないもので、

かくいう私も、何を書いたかほとんど覚えていません(笑)

なぜ?を考えることって本当に大事なんですよ。

なんべんでも考えてみてください。

さぁ、今日は、自分が説明するつもりで、考えながら読んでくださいね。

【鉄はヘモグロビンの原料になる】

ヘモグロビン。分解したらヘモとグロビンです。

ヘムは鉄。そしてグロビンはタンパクです。

その役割はなんでしたか。

赤血球となり酸素を運ぶことです。

ちょっと思い出してください。体の中で、新鮮な酸素が大好きな人がいましたね。

そう!ミトコンドリア!

ミトコンドリアがATPを産生するためには酸素が絶対に必要で、酸素の供給が滞るということはエネルギー産生に大きな影響があるの、わかりますか?

酸素大事じゃん!

そうそう!

だったら、その酸素を運んでくれるヘモグロビンって、超重要ですよね!!

そういうことよ!でいいと思うんですよね(笑)

物事はシンプルな方がいいです(笑)

体の中に鉄が10存在するとしたら、そのうち6~7割はヘモグロビンの中に存在しています。【機能性鉄】

3割くらいは肝臓や脾臓、骨髄で【貯蔵鉄】として存在しています。

3~5%くらいは筋肉中で酸素を運ぶ「ミオグロビン」として存在しています。

貯蔵鉄。フェリチンとも言いますが、

この貯蔵してある鉄は、機能性鉄が足りなくなったらすぐに供給される仕組みですので、

その名の通り、貯金のようなものですね。

どのくらいあったら、安心ですか?

もしもの時のために、3ヶ月生活できる分くらいは貯金しておけと教わりませんでした?

そういうことで、100万くらいあったら安心ですよね。

貯蔵鉄の目標は100以上(大いに越したことはない)

50以下だと不安。

30以下だとかなり不安。

さぁ、あなたの貯蔵鉄はどのくらいあるでしょうか。

採血する機会があったら、ついでに上手いこと言って「フェリチン」も測ってみてもらってください。

ヘモグロビンだけではわかりません。

貯蔵鉄はなんのために存在するのか、思い出してください。万一のためです。

だから、ヘモグロビンが正常でも貯蔵鉄が恐ろしく低い人はゴロゴロいます。

フェリチン、業者さんにださないと普通測定できないから結果が出るまで普通数日かかりますが、

その間に

MCVをちょっとチェックしてみてください。 これは鉄不足があると間違いなく下がります。

MCHや、MCHCも下がりますが、MCVが一番参考になるところです。

フェリチンを測るときに、よくTIBCも測定したりしますが、TIBCは鉄不足で上昇します。

合わせて鉄不足の指標にします。

血清鉄やUIBCは、日内変動がすごく大きいのであまりあてになりません。

採血は基本、空腹時の朝にサプリを飲まずに行ってくださいね。

朝起きたら、500mlの水を飲むことをお忘れなく。脱水だと値が変わってきます。

鉄が不足すると、めまいがしたり、動悸がしたり、頭が重くなったり偏頭痛がしたり、

疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったりします。

顎や口の周囲にニキビができやすくなる人もいますね。

それだけではなく、メンタルヘルスにも大きく関わってきます。

鉄が不足すると、神経伝達物質の合成に支障をきたし、抑うつ感や、情緒不安定、注意力散漫、多動、切れやすさの原因になります。

パニック障害、摂食障害、発達障害、統合失調症にも鉄不足がふか~く関係していると尊敬する藤川先生がおっしゃっていました。

長年精神科で投薬をしてもなかなか良くならない方。一度、鉄不足を疑って検査してもらってください。

フェリチンのチェックです!

しっかり鉄不足解消に取り組めば、

減薬できる可能性が上がります。

もらうべきお薬は、抗うつ剤、精神科薬じゃないのかもしれませんね。

6月7日は「メンタルヘルスと食事」というテーマで勉強会を開催することになっています。

発達障害や自閉症、統合失調症、うつ病に必要な栄養素は共通点が多いことに気がつきました。

どんなものを食べればいいのか、しっかりお話ししたいと思います。

鉄不足では話にならない。

ポイントは

○ミトコンドリアは酸素がないとATPが作れない

○鉄は神経伝達物質の合成に必ず必要な栄養素

この2つです。

生理学、栄養学ほんと面白いですね。

がんと食事@福岡勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級