No.0029ビタミンBを理解する2016/06/21

ビタミンBを理解する】

代謝のためにビタミンBがとても重要です。
というのは糖質制限者なら一度は聞いたことがあると思います。
ビタミンBは極めて重要です
ミトコンドリア内で、エネルギー(ATP)を生み出す時に、ありとあらゆるところで関わってきています。

 
1)ビタミンB1

解糖系で作った、ピルビン酸をアセチルCoAにする時に必要なビタミンです。
エネルギー産生効率が大きいTCA回路に乗せるためには、この過程は必須。

ビタミンB1が足りなくなり、解糖系が無駄回りすればするほど、疲労物質の乳酸が溜まりやすく、体が重だるい、疲れが抜けないといった症状が出てきます。神経を修復する働きもあるので、肩こりや頭痛の原因になったりもします。

2)ナイアシン

ナイアシンはビタミンB3とも言われます。ナイアシンは体がエネルギーを生み出す働きの60~70%にか変わっています。

3)ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質の代謝に関わります。脂肪の摂取の多い糖質制限者には重要なビタミンです。

4)ビタミンB6

ビタミンB6はたんぱく質の代謝に関わるビタミンです。ビタミンB6の不足は、ヘム鉄の合成を抑制します。

5)ビタミンB12

ビタミンB12は、造血のビタミンです。葉酸とともに、DNAを合成する時に欠かせません

6)葉酸

細胞分裂、DNA合成の鍵となる核酸の合成に働く重要なビタミンです。ビタミンB9とも言われています。

7)パントテン酸

パントテン酸は脂質の代謝に関わり、ニキビやアトピーをケアするビタミンとして知られています。パントテン酸はビタミンB5とも言われています

8)ビオチン

ビオチンは、糖新生の際に働く酵素の補酵素になります。不足すると、乳酸からの糖新生がスムーズにいかなくなります。

皮膚炎症の予防印象として働き、ヒスタミンのもとと言えるヒスチジンを体外へ排出する働きがあります。アトピーをの治療によく使われます。

ビオチンはビタミンB7とも言われています。

不足したら欠乏症が生じるビタミン13種類のうち、8種類がビタミンBです。

ビタミンBは水溶性ビタミンなので、体にためておくことはできませんから、毎日摂取することが必要です。

ビタミンBは、チームで働くので、群で摂りましょう。

カツオや豚肉、鰻、レバーなどの、ビタミンBの多い動物性の食品をしっかり食べて、

足りないかな、と思う人はサプリで補充しても良いかもしれません。

体が重だるい、疲れが抜けない、皮膚が荒れている、頭がすっきりしない、頭痛や肩こり、あちこちが痛いという人はたくさんいると思いますが、その方たちが、動物性のビタミンB群の摂取を意識しているか、よく観察してみてください。

糖質ばっかり食べている人が多いのではないでしょうかね。

糖質ばかり撮っていると、ビタミンBを無駄に大量に消費します。

抗ストレスホルモンのコルチゾールもビタミンBを原料に作るので、精神衛生も悪くなりますよね。

 

いろんなことがいろんなことにつながっている。

 

謎が解ければ解けるほど、糖質制限って合理的。論理的。

糖質制限と出会って本当に良かったです。

皆さんもそう思っていただけると、嬉しいです。

GAGAでした!

がんと食事@福岡勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級