フェリチンを測ってもらう方法

今日は、フェリチンを医療機関で測定してもらう方法についてまとめました。

気になっていた人はよく読んでください。

まず知っていてほしいのは、検査するには病名がいるということです。

検査するにあたっては、妥当な理由も必要です。

妥当な理由がない場合、要するに「ただ知りたい」というだけでは検査してもらえません。

検査してもレセプトではねられるからです。

レセプトは出してみないとわからないので、めったにないとは思いますが、

最悪診療所が負担しないといけないケースもあります。

 

県によって査定が厳しいところもあるようです。

その場合は、レセプトにコメントを入れると大体とおるようです。(森園先生情報)

(大体の医師は面倒くさがる)

お医者様、という概念が当たり前であった時代は、患者から検査項目を指定するなんて無礼で、ありえなかったと思うのですが、今は情報化社会。

様々な患者の要望に答えることも必要になってきました

でも基本、検査内容は医師の判断、オーダーでするというのは今も昔も同じです。







メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!

出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!