白い巨塔

16051401

 

 

医療ってこのままでいいんでしょうかね。

 
私は、今まで自分が信じていた医療の矛盾に気がついてから、組織にくみし、今までのように、
 

先輩に教わってきたような指導をすることができなくなりました。
 
ダブル、トリプル炭水化物の病院食を、糖尿病患者さんに出すのは本当に申し訳なく感じるし
 
テレビや雑誌で、間違っている健康情報を見るたび、悔しい気持ちになります。

 
糖質制限の仲間が、私は全国に沢山いますが。
 
時々、仲間が入院を余儀なくされることがあります。

16051402

↑本人の了解を得て、投稿。

 
彼はイレウスでした。イレウスの治療は、まず絶食、点滴からです。

 

16051403

 

 

そして運ばれてくる、これ。

点滴。
 
ちょっとまて~俺に点滴は天敵だあ~!
 
なんて言っていましたが…

彼は糖尿病です。糖質制限していれば、通常人ですが、糖質をとったらあっというまに糖尿人に逆戻り。

しかも久しく糖質を摂取していないので、
感受性が高くなり血糖値はバク上がり。
 
普通は知りませんからね、
糖質制限中に糖質をとると、ビックリするくらい血糖値があがること。

 

案の定、彼はインスリンを打たれそうになり、
最短で逃げるように退院しました(笑)


入院するのはいいけど、私達が不安なのはとにかく食事で…

 

16051404

 

だって…一日、炭水化物331.3gって…
 
私達が普段食べているのの何日分なんでしょうか…

 

仲間が入院するたび、缶詰だの、チーズだの、ナッツだのバターだの、差し入れをするのが通例となっている私達。

冷蔵庫を見たらナースは目を丸くし、
 
チームリーダーに報告、さらにドクター、師長にも報告がまわり、
 
強い注意を受けるでしょうね…

冷蔵庫に名前かいていれられないし…(笑)
(書かないと基本的に入れられない)

よりによって、なんて高カロリーなものを!!
何を考えているんですか!!
あなたは糖尿病なんですよ!!

 
…あっというまに、問題患者扱いです。
面会も白い目で見られるかも

 
申し訳ないと思いながら、食事を廃棄し、食べたふりして隠れてバターをかじる…

 
どうして私達、本当はケアされるべき患者がこんなに医療者に気を使い、コソコソしないといけないんでしょう。

 
なんか、間違ってませんか??

医療者の皆さん、このままでいいんでしょうか。

自分は患者さんより、ずっとリードされている気でいても、逆ですよ。

ずっとリードされてしまってますよ!!


素人が何も知らないと思ったら、今の時代、
大間違いです。
 
インターネットの普及は専門家を脅かします。

 
専門家が専門家であるためには、常に新しい知識を広く取り入れ、時代の流れを読み、変化していかなければなりません
 
時代においていかれるな。

変化を恐れるな。

医療に関わる皆さん、もっと勉強しませんか。


 
糖質制限を、勉強して、
あなたの病院でも、
あなたのクリニックでも、

少しずつ取り入れていきませんか。

 
本物は淘汰されません!

糖質制限は、ブームでは決して終わりません!

16051406
医療にパラダイムシフトを起こし、日本の社会を変える力をもった、

先駆的な動きです。

 
既成概念をぶっ壊しませんか。
 
イノベーションを起こしませんか。


人がやらないからチャンスだし、人が知らないからチャンスなのだとも思うのです。

 
先を歩きませんか。


 
私の使命ってなんなのかな、と思うんです。

素人さんの糖質制限ライフを応援することも尊いけど、
 
そうじゃないと思うんです!!


私は、医療者として、
こっちをどうにかするべきではないかと思うんです。

 
最近、私の強みってなんなのかなと、考えることが多いです。
 
『わかりやすい』
『面白い』
『伝わりやすい』

もうこれでよいと思うのです

難しい知識を如何に、嚙み砕き、
わかりやすく、消化しやすく提供することに、

私は付加価値をつけることにします。
私しか出来ない講義があります。



というわけで、
ひとまず、チャレンジとして、
大阪、東京で10名限定の、一日集中講座を開講します。

 
◉基本を理解する
◉裏付けを確かにする
◉キーワードを自分の物にする
◉アウトプットを出来るようになる
◉指導が出来るようになる

 
朝から夕方まで、
 
50分×6コマ。

熱血ナースの超熱血講座に来ていただけませんか。

なんにもわからなくても、一日で、正しい糖質制限がきちんとわかるレベルまで責任もって、導きます。


医療者を主な対象としますが、
医療者レベルの知識を身につけたい方の参加も、歓迎致します。

                   1.血糖値と健康

2.糖化と酸化
3.肥満/生活習慣病の成り立ち
4.必須栄養素
5.メンタルヘルスと食事
6.アウトプットを磨きあげる

 

 
 
プログラムは1~6まで。

参加費は、お一人30,000円と設定しました。
同一企業から、
お二人目目の参加から5,000円割引します。


6月25日は関西

7月17日は関東

にて、開催予定です。

詳細情報を希望される方は、下記フォームより、メッセージをください!

がんと食事@東京勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級