コンテンツ

トイレが詰まる原因を知って水漏れを予防しよう

トイレが詰まって水が流れなくなると、排水管 水漏れへとつながり、トイレを使用できない状態になりかねません。もしもトイレが頻繁に詰まるなら、流す水の量が規定量を満たしているかをチェックしてください。

■水量が少ないかどうかを確認する方法

トイレの水量が少ないときちんと排水管を流れていかず、便器の途中で引っ掛かってしまうなどして最終的には詰まることがあります。節水が目的でレンガやブロックなどをタンクの中に入れている場合、水量が不十分になり、詰まる原因になりかねませんのですぐに取り除いてください。
こうした重りを入れていないにもかかわらず水の量が少ない気がするなら、タンクを開けてみて、オーバーフロー管という細長いパーツを点検してみてください。オーバーフロー管にはタンク内の適切な貯水量の水位を示すラインが入っています。このラインに水位が達していないなら、本来必要な量よりも水量が少ないことになります。

■水の量が少なくなる原因

タンク内のボールタップや浮き球、フロートバルブといった部品に不具合があるために水量に影響が出ているケースもあります。故障や劣化がないかどうか、各部品の点検をしましょう。また、タンクと便器のつなぎ目からの水漏れが原因となって、水量不足となっている場合もあります。水漏れの有無を目視で確認しましょう。

■まとめ
水量が十分なのであれば、詰まる原因は別にあるでしょう。修理業者に頼んで見てもらったり、場合によってはトイレの交換を検討したりといった対処が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ