コンテンツ

トイレの下水の水漏れには要注意

トイレの下水の通り道である排水管 水漏れは、重大なトラブルを引き起こすことがあります。特に排水管は、下水が通る管だけに水漏れすると衛生面に関わりますので、早めの対処が不可欠です。

■2階の下水が1階に水漏れしてくることもある

トイレの排水管の水漏れには注意が必要です。2階のトイレの排水管が水漏れしていて、1階の天井に下水がしみ込んでくるトラブルが実際に起こっています。古い排水管を交換したり、修理したりする必要があるほか、水分を含んだ天井はもろくなっているため、天井部分の修理も必要になります。1階の床や壁、置いてある家具や家電が被害を受ける可能性もあります。

■排水管 水漏れの主な原因

排水管には徐々に汚れが堆積していきますが、詰まりすぎると排水管が容量オーバーとなり、水が漏れてきます。また、接続部分のナットやボルトが緩むと、連結されたパーツ同士や便器との間に隙間ができるため、そこから水漏れします。また、排水管の耐用年数は一般的に10年程度とされていますので、古いものは経年によるダメージで水漏れを起こしやすくなります。排水管本体だけでなく、接続部分のナットやパッキンなども劣化するときちんと機能しなくなります。

■まとめ
排水管の水漏れは、管の内部の詰まり、接続部分に使われている部品の緩み、そして経年劣化の3つが主な原因と考えられます。築年数が古い家で、トイレ周りの設備のリフォームを行っていないなら、大きなトラブルになる前に一度修理業者に点検してもらった方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ