コンテンツ

トイレの流れが悪いと感じたら水漏れの前兆かも

最近、トイレの水を流しても以前のようにスムーズに流れないと感じることはないでしょうか。流れが悪いのは、排水管が詰まって水の流れが滞っているからかもしれません。排水管が詰まったままの状態で放置すると、やがて水漏れトラブルに発展する可能性があるため、注意が必要です。

■排水管 水漏れの予防にラバーカップを使ってみよう

排水管の詰まりを自力で直したいなら、道具を用意して慎重に行いましょう。用意する物は、ラバーカップとゴム手袋です。ラバーカップは、カップの底に出っ張りがあるトイレ用の商品を選びましょう。排水口用の商品は出っ張りがありませんが、形状が合えばトイレにも使用できます。

■使い方

使い方は、便器の水が溜まっているところにラバーカップをかぶせて密着させ、ゆっくり押し込みます。この時、溜まっている水が少ないなら、カップの部分が水に浸かるぐらいまでバケツで水を足します。そして、力を入れて一気に引き抜きます。あまりに勢いよく引き抜くと、周囲に水が飛び散るため力を加減しましょう。カップの部分の上に透明なビニールをかぶせ、棒の部分が出るようにして、便器を覆うようにセットして作業すると飛び散りが少ないです。
この作業を数回繰り返すと、詰まっていたトイレットペーパーや便を吸い上げることができます。その後バケツで水を流してみて、つまりが解消したかどうかを確かめてください。ここでトイレタンクの水を流すと、完全に詰まりが解消されていなければ水が溢れ出してしまう危険があります。

■まとめ
自分でできる排水管 水漏れの直し方をご紹介しましたが、失敗するリスクがあるため自信がない人は最初から修理業者を呼んで直してもらうのが良いでしょう。良心的な価格ですぐに駆け付けてくれる修理業者に任せておけば、自分で道具を用意する必要もなく、すみやかに解決してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ