糖質引力から解き放たれる方法

16021701

 

なんでもだけど。

打ち上げる時が一番エネルギーがいります。
 
引力を振り切り、大気圏を抜けて無重力状態になれば、あとは、エネルギーは少しで済みますね。
同じなんですよね。
 

糖質制限を始める時。
 
「糖質を辞めれる自信がありません」
 
皆さんから、
良く聞く声ですが。
糖質の引力を振り切る為には、
力強くエネルギーを貯めて、
思い切って糖質とお別れし、まずはとにかく1週間。
 
続けることです。
ここが一番、頑張りどきです。
打ち上げが一番、墜落リスクが大きい。
聞いたことありますね。
最初の1週間で、「やめたくなる」波が襲ってきて、
42%の方はここで挫折するそうです。
糖質制限の場合、糖質の中毒から抜けるまで、ちょうどこの期間がそれにあたると思います。
頑張って!!
そこを乗り切れば、10日目には、半分は成功したようなものです。
そして、2週間乗り切り。
その頃は、大気圏突入です。
はじめの難関、対流圏に突入します。
16021702

 

不安定期です。
 
機体はグラグラ。揺れるでしょう。
周りは、ほっといてくれたらよいのに、
アレコレ口を出してきます。
 
まだ、疑心暗鬼な部分をついて、いろんな情報がまたココロを揺らします。
 
ここまで頑張れたら、中毒からは抜け、身体はぐんと楽になると思うのですが。
 
情報や、まわりに振り回される時期です。
ここで挫折率40%。
大丈夫。想定内。
シートベルトをしっかりしめて。
ぐっと堪えましょう。
3週間乗り切れば、80%は成功したようなものです。
さあ、対流圏を乗り越えたら、無重力状態まであと少し!!
最後の1週間は、「飽きてくる」波が訪れますw
成層圏~熱圏フェーズです。
肉、魚、卵、チーズ。
 
別に、大きな不満はありませんが、
飽きてくるんです!!
他のもんが食いたい…
 
わかります!わかりますが、
これは、最後の糖質引力です。
想定内です。
声高らかに、「NO」と言いましょう。
 
ここで、うっかり糖質引力に引きずられて、
ラーメンなど食べてしまったら、
あと少しだったのに、最後のエンジン不調で、打ち上げ失敗。ここでの挫折率は18%。
 
 
この時期は、糖質制限のメニュー本を見て、
美味しそうなレシピにチャレンジしたり、
居酒屋で糖質制限外食にチャレンジしたり、
 
わざと、すき家に行って「牛丼ライト」←豆腐の
を頼んでみるとか。
とにかく、変化をつけるようにするとよいと思います。
1ヶ月。頑張って続けることができたら、
無事…
16021703
 

糖質引力から解放された、

「無重力状態」に辿り着くことが出来ます!!
 
 
この時初めて。
 
客観的に振り返り、
 
16021704

 

地球は青かった!ことに気がつけるのです。
いくら、地球が青いことを写真で見せられて知っていても、
 
7割が海だということを知っていても、
実際に、自分でパイロットとしてロケットに乗り込み、
 
苦難を体験し、
知識と装備で乗り切り、
 
無事、無重力状態にたどり着けた時。
 
ああ、地球はこんなにも、青くて、丸かったんだなときっと感動することでしょう。
だれだ?地平線の向こうは、断崖絶壁だと言ったのは?
 
16021705

一方向から見るからそんなことになるんですよ。

 
地球は実は、丸くて、青いんです。
 
地球が宝石のように美しく、生命溢れる星なのは、
16021706

 

海が
水分が地球の7割を占めているからで。
地球の7割を占めている、海の大切さを私達は
初めて実感することができるのです。
ちなみに、人間の体の中は、タンパク質と脂質で35%は占めています。
 
体験してみないと分からない世界に私達はいて。
言葉では、なかなかこの体感は説明出来ないのですよ。
 
宇宙を夢見るかどうかは、自由ですが。
 
ロケットに乗りもしないで。
宇宙は、きっと語れないし。
 
知らない誰かが作った、ちゃんと飛ぶかも分からないロケットに、乗り込むから、不安だし、怖いし。
 
ロケットの仕組みを知り、
きちんと、安全確認を何回も自分の目でして、
自分で整備したロケットに乗り込むことと比べたら、
きっと、安心度は天と地ほど違うし。
十分な燃料、パワーのある三段階エンジンを準備しなければ、きっと打ち上げには成功しないし。
 
考えたら考えるほど、
糖質制限と、ロケット打ち上げは似てるなあ、
と思った私でした
 
青くて丸い、地球か見たいですか?
こちら側は、素晴らしいですよ!!
(もう戻りたくなくなるほどです)

がんと食事@福岡勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

がんと食事@北九州勉強会

がんはなぜ出来るのでしょう
どうして増えるのでしょう

もし自分ががんになったら、どうしたらいいのでしょう
大事な人ががんになったら、どうしたらいいのでしょう

今リアルにがんを宣告されたかたも、
家族ががんと診断されパニックな方も、

一度心を落ち着けて勉強しませんか?

メルマガ登録しませんか?

Mrs.GAGAの情報を欲しいと想って頂いている方に、Mrs.GAGAのメルマガお届けします!
出来れば、「office-gaga.net」のドメインからメールが届くように設定してくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

■略歴 1977年11月28日宮崎県宮崎市生まれ。宮崎市在住、3児の母。現役ナース。自身糖尿病のサラブレッド家系であることから糖質制限をはじめ(2014~)、思いがけず長年のアトピー性皮膚炎を克服したことから糖質制限の可能性に魅せられ糖質制限にどっぷりはまる。よりわかりやすく、多くの方に糖質制限を伝えるべく、2015年4月に熱血ナースMrs.GAGAとしてブログを開始。糖質制限ブロガーとして全国に知られるようになり、「2枚目の名刺」として各地でセミナー、講演会なども行いながら、糖質制限の普及に努めている。 ■著書 『糖質オフのススメ!』(2016年10月発売)(2017年1月1日時点で5000冊完売) ■得意テーマ 血糖値測定/糖化と酸化/炎症/糖質制限とがん/ケトン体活用/ダイエット 体質改善/検査データ改善/医師とのコミュニケーション方法/糖質制限のマインドセット/家族ではじめる糖質制限/ ■講演歴 ・世界一聞かせたい!!あなたの人生を変える糖質制限との出会い!ドラマチック糖尿病教室~革命~ ・家族ではじめる糖質制限スタートアップセミナー ・脱肥満県!宮崎の未来を考えるシンポジウム~糖質制限という選択~ ・自立のカタチinnovation conference「脱公的サービス」~介護保険からの卒業を考える~(終活×糖質コントロール~栄養指導innovation~) ・知らないと損する「食事と健康の新常識」~糖質オフが未来を変える~ ・精神科薬減薬セミナーin宮崎「うつ病を克服する栄養学的アプローチ」 ・教育講演「生きる力を育む食の本質を改めて考える」~命の現場からナースの感じた食事と健康のリアル~ ・ホームホスピス宮崎暮らしの保健室「えがおキッチン」糖質制限食について ・自立ラボ 高齢者のWell-Beingを支える栄養の知識と食事のあり方を考える ・経営者のためのカラダマネジメント講座~倒れたら困るあなたが知るべき食事と健康の知識~ ■資格 正看護師 ほめる達人検定2級