コンテンツ

ウォシュレットトイレの水漏れ

ウォシュレットは、電気機器としての側面があるため、ウォシュレットでないトイレと比べてパーツが多く、水漏れの原因も多岐にわたります。水漏れしやすい場所や原因をチェックして、万が一の事態に備えましょう。

■ウォシュレットで水漏れしやすい場所

ウォシュレットの本体だけでなく、使用されているさまざまなパーツから水漏れが起こります。給水ホースやそのつなぎ目の部分、温水の出てくるノズルなどから水が漏れてくるほか、水の中の不純物をキャッチする役割を持つ給水フィルター、凍結防止のための水抜き栓、操作パネルと給水ホースのつなぎ目などからも水漏れが起こると考えられます。

■ウォシュレットの水漏れを放置してはいけない

ウォシュレットの水漏れを見つけたら、早めに対処することです。少々の水が漏れていてもそのまま使えるからと放置すると、床材の損傷、カビや結露の発生など、さらなるトラブルの原因となります。水が漏れ続けることで水道代も高額になるケースがあります。
また、操作パネルの付近から水漏れしていると、漏電する危険性があります。操作パネルの付近で水漏れを発見したら、電源プラグを抜いて使用を中止し、修理が終わるのを待ちましょう。

■まとめ
普段使用する分には、ウォシュレットではないトイレよりも多機能、高機能で便利なウォシュレットですが、いざ故障したときには、作りが複雑なため修理の失敗やさらなる故障のリスクが高く、素人が気軽に水漏れ 修理に手を出すわけにはいかないでしょう。メーカーに問い合わせたり、修理業者に依頼したりといった対処が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ